読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕食植物日記

捕食植物に関する日記です

融合モンスター考察

f:id:hwwwk:20161216160128j:plain
《捕食植物キメラ・フレシア》
融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、
このカードの攻撃力は1000アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

捕食デッキ最大の核です。緩い素材指定で簡単に呼ぶことができます。まず除去効果ですが破壊ではなく除外というのがうれしいです。また打点アップ効果で戦闘ではほぼ負けません。また相手ターンでも発動するので相手は除去カードを使わざるをを得ません。そして破壊されたら後続サーチ、まさにパーフェクトです。

f:id:hwwwk:20161216160138j:plain
《捕食植物ドラゴスタペリア》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/植物族/攻2700/守1900
融合モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

捕食デッキ唯一の制圧持ち。カウンターを撒いて次のターンキンジーで素材にするのが理想の流れでしょう。ただし制圧はそれほど協力なものではないのでバックを構えることが必要です。
また、よく勘違いされますが捕食デッキはスタペリアは割と簡単にたせます。恐らく捕食デッキよりスタペリア出しやすいデッキはありません。ですが僕は先攻でスタペリアを出すことをそれほど重要だと考えていません。それは今度説明します。

f:id:hwwwk:20161216160209p:plain
《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、
その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの
レベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

キメラフレシアに食われがちですがしっかりと役割があります。基本②の効果は使いません。スターヴの強さは確実に2800通せることです。これは捕食のワンキルルートで非常に重要になります。またライトニングに殴り勝てることや簡単に破壊しにくいことなど他にも有用な点はあります。1枚か2枚は確実に必要です。

f:id:hwwwk:20161216160233j:plain
《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
融合・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの元々の攻撃力は0になり効果は無効化される。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、自分の墓地のレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外してこのカードを墓地から特殊召喚できる。

よく弱いと言われますが決して弱くはありません。出せば強いです。しかし捕食デッキで出す場合どうしてもスターヴかスタペリアを素材にしなければなりません。しかしスターヴでも基本2800打点あり、わざわざ融合する意味が薄く他にキメラフレシアでも並べた方が強いことが多いです。
ファンデッキとして組むなら1枚、そうでなければ0でもいいです。

融合モンスター解説を終わります。
次はテーマ外ですが採用圏内のカードを紹介します。http://blog.with2.net/link.php?1884205